スロット ゲーム web

日本酒専用セラー「SAKE CELLER」の開発( 販売終了 ) SAKE CELLER

日本酒がワインよりも温度変化に敏感であることは、海外ばかりか国内でもあまり知られていません。

多くの酒蔵が、品質管理のためにマイナスの低温保存していますが、飲食店では適切な保管がされておらず、お客様が飲まれるまでにお酒が劣化していることが多々あります。

JAPAN CRAFT SAKE COMPANYは、このような温度による日本酒の劣化を極力抑えるため、株式会社アルテクナ、さくら製作所株式会社と3社共同で、日本酒を「-5℃」という最適な温度で保管するための「SAKE CELLAR」を開発しました。

最近は和食店でもワインを取り揃えている店が増えています。SAKE CELLARは-5℃から20℃まで2温度帯で保管できるため、1台で日本酒とワインをそれぞれ最適な温度で保管することが可能です。

最近は和食店でもワインを取り揃えている店が増えています。SAKE CELLARは-5℃から20℃まで2温度帯で保管できるため、1台で日本酒とワインをそれぞれ最適な温度で保管することが可能です。

湿度・温度管理を可能にしたワインセラーの普及によってワインの楽しみ方の幅が広がり、世界中にワイン市場が拡大したように、日本酒を適切に管理する環境を整えることで、国内はもとより世界中で日本酒の可能性は広がっていきます。